いつの間にか抜けている髪の毛。
こんなに抜けて大丈夫なの? と不安になりますよね。
そこでこの記事では髪の毛の周期(サイクル)と抜け毛の関係についてご紹介します。

髪の毛の周期(サイクル)ってどうなってるの?

髪の毛には、図の様に周期(サイクル)があります。これを毛周期(ヘアサイクル)と呼びます。これは髪の毛が生えて成長し、抜けるまでの周期の事です。
一般的な女性の周期は4~6年で、ヘアサイクルを一巡すると言われています。
このヘアサイクルは成長期退行期休止期の3つに分かれます。

成長期

髪の毛が伸びる時期です。毛根が成長し、細胞分裂が起こることで髪の毛になります。髪は一日に0.3~0.5ミリ程伸びて、一年間で15センチほど伸びます。その後、髪の毛は2~5年程成長し続けていきます。
今ある髪の8割ほどがこの成長期にあると言われています。

退行期

髪の成長が止まる時期です。毛根の細胞分裂が終わり、段々と小さくなっていきます。
2~3週間程で完全に毛根の働きは止まります。その後休止期へと移行します。

休止期

髪の毛が自然に抜ける時期です。段々と毛根の位置が浅くなっていき、新しく出来た髪の毛に押される様にして自然に抜けていきます。シャンプーやブラッシングした時に抜ける毛は、この休止期の毛になります。
通常髪の毛の10%がこの休止期あたっており、それぞれ脱毛の時期がずれているので、一度にまとめて抜けるということはありません。

抜け毛の多い女性の特徴とは?


抜け毛の多い女性は、このヘアサイクルが正常でない可能性があります。
成長期が通常の人より短い為、充分に毛根が育たないのです。そのまま退行期・休止期を迎え、毛根が小さく、抜け毛が増えてしまうのです。
自分の毛根は大丈夫?と不安な方は、抜け毛をチェックしてみましょう。
抜け毛の毛根が黒っぽい、形がいびつ、毛根がそもそもない、白っぽいなどの毛が多かったら要注意です。成長期が短く、異常な抜け毛の可能性があります。

抜け毛への対策は?


ではヘアサイクルが乱れてしまい、抜け毛が多くなってしまったら、どの様な対策をとればいいのでしょうか?

食生活の改善


まずは食生活を見直してみましょう。
インスタント食品や、塩分・脂質などを多く摂っていませんか?

またダイエットなどによる、過度の食事制限も要注意です。
偏った食事は、髪の毛の成長に必要な栄養素が足りず、抜け毛の原因となってしまいます。

髪の毛の主成分であるタンパク質などを摂りましょう。タンパク質は牛乳・お肉などに多く含まれます。またタンパク質の吸収を助けるビタミン・ミネラルなどを一緒に取ると効果的です。
また女性はイソフラボンを取るのも良いですね。イソフラボンは髪の成長に欠かせない女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。
イソフラボンは豆腐・豆乳・納豆などの大豆製品などに多く含まれています。

毎日バランスのとれた食事は難しい!という方にはサプリメントがおすすめです。
手軽に様々な栄養素を摂取出来るので、忙しい方にもぴったりですね。

睡眠をしっかり取る


睡眠不足も髪の毛にとっては天敵です。髪の毛は寝ている間に成長します。
抜け毛が気になる方で、つい夜更かしをしてしまう…という方は注意が必要です。できるだけ夜に充分な睡眠を取りましょう。

ストレスを溜めない


ストレスが溜まると体に様々な不調が出てきます。
強いストレスが溜まり、自律神経が乱れると、血行不良になり髪の成長に必要な栄養素が頭皮に運ばれません。
出来るだけ普段からこまめにストレスを解消する様にしましょう。

ヘアケアを見直す


内側からのケアをしたら今度は外側から髪の毛をケアしてあげましょう。
おしゃれに欠かせないヘアカラーは、頭皮にとって刺激が強いものです。過度なヘアカラーやパーマを繰り返すと、頭皮にダメージが蓄積され、炎症を起こしてしまいます。
抜け毛が気になり始めたら、出来るだけヘアカラー・パーマは控えましょう
どうしても行うなら、最低でも2~3ヶ月は間を開けるのが望ましいです。

シャンプーを変える


毎日髪を洗う女性は多いと思います。この毎日繰り返すジャンプーも、頭皮や髪にとっては刺激となります。
出来るだけ髪や頭皮に優しいシャンプーを使用しましょう。
おすすめはアミノ酸系のシャンプーです。これは髪の毛を構成するタンパク質の一種の、アミノ酸から出来ています。髪の毛と同じ成分で洗浄するので、頭皮に優しいのですね。
育毛シャンプーも多くはこのアミノ酸系のシャンプーです。

頭皮のマッサージを行う


頭皮に刺激を与えすぎるのは良くないですが、マッサージによって血行を促進することによって栄養が隅々まで行き届きます。
まず親指以外の四本の指を、耳の上のこめかみに当てます。そこから耳を包みこむ様に円を描く様にマッサージします。爪を立てない様に、指の腹を使ってマッサージしましょう。
そのまま指を上にずらし、頭頂部へとマッサージする場所を変えていきます。下から上へ向けてマッサージを行うと、血流に沿うので効果的です。

こちらはシャンプーの時は勿論、日常で思い立った時に行えます。
やりすぎると逆効果になので、一日5分程度にしましょう。

女性用の育毛剤もおすすめ


最近では男性用だけではなく、女性用の育毛剤も増えてきました。
育毛剤には、医薬品・医薬部外品・化粧品の3つに分類されています。
処方箋がいらず、最も手に入れやすいのは医薬部外品でしょう。いわゆる「薬用」とついている商品はこれにあたります。
育毛・ふけ・かゆみなど様々な症状に対応しているので、自分の症状に合ったものを選びましょう。

女性用の頭髪専門クリニックも


自分ではどうしても解決出来ない、と思った場合には頭髪専門クリニックを受診しましょう。
薄毛や脱毛に特化したクリニックですので、皮膚科などに行くより相談しやすく、治療法も様々に用意されています。
中には女性専門のクリニックもありますので、安心して通えます。

女性の髪の毛の周期まとめ


髪の毛には周期があり、これを毛周期(ヘアサイクル)と呼びます。
女性で抜け毛が多い方は、ヘアサイクルの成長期が短い為、健康な髪の毛が育っていない可能性があります。
規則正しい生活や、ヘアケアを心がけて髪の毛を守りましょう。
もしどうしても抜け毛が収まらない場合は、専門のクリニックを受診することをおすすめします。